中山牝馬Sは、中山競馬場の芝1800mで行われる牝馬限定の重賞レース。ハンデキャップレースなことと体調変動が激しい牝馬らしく大波乱の結果を招くこともある。基本的にオッズが割れているため競馬予想の難易度と配当が吊り合わないという競馬ファンの声も聞こえてくる。

今週から開催変わりで、中京ダートは9Rでレコードが出たよう。ほかのレースを見てると時計・上がりともかかっている印象なのでその辺をちょっと確認したいところ。ではさっそく土曜日の馬場傾向から。

まず1R2歳未勝利牝馬限定戦1800mから。レースの上がり3Fが40.0なので最後はズブズブの展開。時計はやや速めといったくらいかなー。2枠のマサノホークが好位から押し切りで、デフィニール、クレスクントは馬群を縫って差してきた。血統はそれぞれカネヒキリ×タイキシャトル、ブラックタイド×ラムタラ、ハービンジャー×クロフネ。続く2R1400mも上がりがかかってワイルドダラーの決め手がいきた。とはいってもワイルドダラーも外を回したわけではないし、2着ゴールドスークも1枠からイン差し。時計のほうは昨年のチャンピオンズカップ当日と比較すると0.5くらい速いか?という程度。3R1200mは内枠から4角外の2頭のワンツー。勝ったグラッブユアハートはここでは抜けていた感じがするが。6番人気シゲルゴボウサイ、11番人気エクスシアも外差しなので、展開次第では届く馬場か。このレースも昨年のものと比較してみても同じ~やや速いくらいの水準の時計の出方。

参考:中山牝馬ステークス